伊根の舟屋群

1階は舟のガレージ、2階は住居という「舟屋」が全周5㎞の湾沿いに230棟の舟屋が立ち並びます。

たまに「何棟かの古い記念建造物が並んでいるだけ」と思っている方もいますが、実際は見渡す限りの湾にひしめき合って、実際に人が住む住居として、湾とともに大変美しい景観をなしています。

また国の「重要伝統的建造物群保存地区(略して重伝建)」に湾沿い全ての広大な地域が指定され、国として景観を保護しています。

昔ながらの日本の暮らしと、伊根独特の「海に一番近い暮らし」が今も息づき、国内外からの多くの観光客を感動させます。

しかし舟屋がひしめき合っているのは、裏を返せば土地が全く無い場所でもあります。そのため道は大変狭く(昔は道そのものが無かった!)、また駐車場も少なく、さらに坂も厳しいです。

さらに映画の舞台にもなる、本当に舟屋らしい趣のあるエリアは、駐車場やバス停から2km離れていて、とても車や歩きでは見て回れません。

ですので、ぜひe-Bikeを乗って頂ければ、「伊根はe-Bikeが一番だ」と必ずや感じていただけると存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

七面山駐車場

次の記事

舟屋日和