【2022年5月最新】伊根おすすめスポット16選&モデルコース(3時間〜1泊2日)

伊根ってどんなところ?

京都府の北端、日本海側にある人口2000人ほどの町です。

1階が船のガレージ、2階が住居という「伊根の舟屋」が230棟ほど立ち並ぶ伊根湾や、浦島太郎伝説のもとになった浦島神社、伊根ブリや丹後米、京野菜など豊かな食の産地としても有名です。

アクセス

伊根へのアクセスは、京都駅あるいは大阪駅から高速バス、または特急で天橋立まで行き、そこからE-Bikeか路線バスで1時間ほどとなります。

京都駅からなら3時間ちょっと、大阪駅からなら4時間ほどになります。なかなかの距離なので、基本は1泊になります。

楽しみどころ

癒される美しい情景とゆったりとした時間

美味しい海鮮と野菜

③独特で豊かな「海に一番近い暮らし」と「里山の暮らし」

おすすめ体験

舟屋のお宿で宿泊

実は舟屋に宿泊できる舟屋宿が、伊根には20軒以上あります。昔ながらの釣り人の宿から、有名人も泊まるラグジャリーな一棟貸しまで、タイプもさまざま。

とても人気なので、1ヶ月以上前からの予約がおすすめです。

ちなみに舟屋の宿あうらやぎ和光まるいち鍵屋ながはまかもめguriさんなどの提携店には弊社e-Bikeの出張貸し出し&返却(要予約)も行なってます!

海上タクシー/遊覧船

やはり舟屋群はまず海から眺めてこそです。海上タクシーは小船で船頭さんのガイドつきで、30分1000円で伊根湾を一周してくれます。

かもめの餌やりもありますが、寒かったり鳥が怖かったりする方は30分ごと定期運行の大型遊覧船(1000円)にのりましょう。

4隻の海上タクシーがありますが、携帯電話で呼べばすぐ来ますので、七面山駐車場から乗りましょう。案内所で教えてもらえます。

e-サイクリング

エコで健康的な交通手段として注目されている自転車。弊社は街乗りタイプから最新スポーツタイプまで様々なE-Bikeを貸出しております。

伊根は道も狭く、坂が多く、駐車場もないので、E-Bikeでの観光がベストだと弊社は考えております。

E-Bikeを使えば、舟屋の内部見学や映画のロケ地、棚田や浦島神社など、全身で地域を感じることができます。

おすすめ食事処

お食事かもめ

元漁師さんが営む、舟屋の眺めがキレイなレストラン。刺身、煮魚などがバランス良い刺身定食や、伊根ならではのへしこ茶漬け定食もおすすめ。

うらなぎ丸

伊根の舟屋の中心地にある水産会社直営でとても美味しい魚が食べられます。個人的には「すし定食」か「煮魚定食」が好きです。
店内は古民家をリノベーションしたもので、とても落ち着けて伊根らしい雰囲気のあるお店です。

舟屋日和(伊根カフェ・海宮)

舟屋日和(ふなやびより)は、2017年にオープンした伊根湾沿いにある、カフェ・レストラン・バーなどがある観光交流施設です。

イネノソラGOHAN

伊根の山間部の集落、「筒川」にあるレストラン。 2018年にこの地にほれ込んだご夫婦が移住して、地域の食材を活かした中華そばとプレートランチのお店を開きました。 店主の人柄と料理の美味しさもあって、地元の人の行きつけです […]

蒲入水産漁港めし

丹後最高レベルの海鮮ランチ。水産会社が直営し、地元のおばちゃんが調理する、その質・量はずるい。

おすすめ立ち寄り&写真スポット

伊根のスポット
道の駅 舟屋の里伊根

伊根のスポット
伊根漁港

伊根のスポット
亀島丸の舟屋(内部見学OK)

伊根のスポット
向井酒造

創業260年の造り酒屋で女性杜氏による独創的なお酒が人気です。

伊根のスポット
伊根湾めぐり遊覧船日出駅


伊根の舟屋群の西端、日出(ひで)にある遊覧船の発着場です。
30分ごとに出る遊覧船のほか、地元食材を使った軽食、お土産もございます。個人的にはへしこコロッケとサバカレーコロッケがおすすめです。

伊根のスポット
新井(にい)の棚田

伊根の舟屋群から5km、e-Bikeで15分ほどで行ける日本海を見渡す絶景の棚田です。春は水張り、夏は緑に覆われ、秋には黄色の穂が並ぶ、年間通して美しいスポットです。※車は停まれません

モデルコース(3時間ver 走行距離10km)

① E-Bikeベース日出でE-Bikeをレンタル

3時間で効率よく、しかも楽しく伊根を回るには、やっぱりE-Bikeが一番。

このコースでのおすすめ車種は、初心者でも簡単に使えておしゃれで、坂も登れるハリークインです。

弊社E-Bikeベース日出では無料駐車場もあり、天橋立からバスでいらっしゃる方も「日出小坪」から徒歩1分で、簡単にアクセスできます。

休日は道が狭く渋滞する伊根の中心部に入るより、こちらからE-Bikeで入っていくのがスマートです!

e-Bike
ハリークイン

【1日2500円】ブリティッシュデザインのおしゃれな電動アシスト自転車。自転車に慣れない人も乗りやすく、天橋立周辺の散策や、伊根への往復にうってつけです!

赤い自販機が目印

② 観光案内所で最新の情報をゲット

伊根の舟屋群の中心に、伊根町観光協会が運営する案内所があります。

トイレやコインロッカー、USB無料充電もあり、最新の飲食店など開店状況、海上タクシーの運行状況などを案内してくれます。

お土産や絵葉書伊根の絵本など、素敵なグッズも取り揃えています!

③ 七面山駐車場で記念撮影&海上タクシー

最近色々な雑誌やコマーシャルで目にする写真スポット。舟屋を正面から一番近くに見え、とてもきれいな写真を撮ることができます。

釣りスポットでもあり、海をのぞきこむとたくさんの魚が見えることも。

ここから海上タクシーに乗って30分のガイド付き遊覧も楽しめます。

④ お食事

伊根といえば海鮮ですが、あえて郷土料理であるへしこ茶漬けもお勧めです。晩ごはんにお宿の海鮮を控えている方はなおさらです。

うらなぎ丸、レストラン舟屋、かもめ、海宮などいくつかのお店がありますが、連休はどこも一杯になってしまうので、はやめの昼食にしましょう。

食事処かもめのへしこ茶漬けセット(1000円)

⑤ 道の駅舟屋の里伊根

トリップアドバイザーで全国の道の駅ランキングで9位に選ばれたこともある絶景スポット。高台にあり、伊根湾を丸ごと見下ろすことができます。

その風景は本当に穏やかで美しく、いつまでもぼーっとしてしまいます。

食事処やトイレ、お土産屋さんもあります。

道の駅へはちょっと上り坂なので、E-Bikeが活躍します。

食事処かもめのへしこ茶漬けセット(1000円)

⑥ 耳鼻(にび)の谷

映画「男はつらいよ」、連続テレビ小説「ええにょぼ」などのロケ地にも使われ、舟屋が一番密集して、昭和風情のある場所です。

江戸時代は鯨漁の追い込み場所として、地獄谷とも呼ばれました。

海がとても青く、美しい場所です。

私有地に勝手に入らないよう気をつけましょう。

男はつらいよはもう40年も前の作品ですが、その情景は変わりません。

⑦ 伊根カフェ(舟屋日和)

海のすぐ隣に立つ、全国でも伊根ならではのカフェです。

広く落ち着いた店内で、ケーキも美味しいです。

⑧ 向井酒造

赤米を使った赤い日本酒「伊根満開」が有名ですが、他にも京の春などの純米酒や伊根満開のマカロンなど、魅力的な土産物がたくさんあります。

最後にお土産物を買って帰りましょう。

モデルコース(5時間ver 走行距離13km)

せっかく伊根に来たのなら、舟屋群だけじゃない絶景も。 特に伊根保育園から新井(にい)の棚田を通り泊海水浴場に抜ける「新井崎街道」という日本海側の道は、棚田や若狭湾を見渡す絶景、そして車が少なく走りやすい、毎日たくさんのサイクリストが走る美しい道です。ちょっと足を伸ばして、穏やかな伊根湾と雄大な日本海の両方を楽しんじゃいましょう!

おすすめE-Bike

それなりの勾配があるので、ヨーロッパスタイルの本格E-Bikeがおすすめです。

伊根配置
Tern Vektron S10

ドイツの世界的折りたたみ自転車ブランド「ターン」の折りたたみ本格スポーツe-Bike。強力なアシスト、航続距離で長距離を快適に走れる本機は、自転車の枠を超えた「折り畳める原付」とも言える全く新しいジャンルの乗り物です。

伊根配置
YPJ-TC

ヤマハ製の本格e-Bike。ハイモード91km、長距離ツーリングに適する。サスあり。なお小売価格は330,000円。

新井の棚田(新)

かつて棚田百選に選ばれた新井の千枚田は、残念ながらもうほぼ耕作をやめてしまいました。でも最近になって整備された棚田も、また魅力的です!

5月は水張り・田植え、夏は青々と茂り、秋は黄色くなる。

朝は朝焼け、夕方も美しいです。

のろせ海岸

昭和の頃は、舟屋というよりこのあたりはこの海岸沿いの絶景と温泉、海水浴を楽しむところで、20軒以上の民宿と今も続く「油屋」という旅館もこちらに建っています。

今は観光の中心は舟屋に移ってしまいましたが、この古くから日本人の美意識に訴える情景は、今も価値があるものだと思います。

ぜひ自転車で走って、ちょっと止まって眺めてみましょう。

2日目モデルコース(3時間 走行距離22km)

浦島神社

日本最古の「丹後風土記」に描かれている浦嶋子(浦島太郎)の物語の舞台となった神社です。

825年当時の丹後の豪族であった浦嶋一族の業績をたたえて建立されたと云われ、浦嶋太郎物語が細かく描かれた浦嶋明神縁起絵巻(国指定重要文化財)、室町時代中期から桃山時代にかけての見事な文様が施されている乙姫小袖(国指定重要文化財)さらに室町時代に作られたとされる亀甲文櫛笥の玉手箱などがあります。

筒川集落(府道652号沿い)

丹後半島では最も古くに開設された近代道路の一つで、伊根町役場近くの登りは厳しいですが、それ以外はなだらかで広く、車通りも少ないので、国道178号線よりも快適に走れる道です。

地元のサイクリストも愛用している気持ち良い道で、特に秋は紅葉がすばらしく、おすすめです。

伊根北側のおすすめ食事処

経ヶ岬周辺の食事処
カフェ両助

地元サイクリスト御用達の農家レストラン。自家製野菜のカレーやイカの釜飯が美味しいです。お店の中も外も広く、まさに農家でくつろいでいるようにゆっくりできます。

伊根の食事処
イネノソラGOHAN

伊根の山間部の集落、「筒川」にあるレストラン。 2018年にこの地にほれ込んだご夫婦が移住して、地域の食材を活かした中華そばとプレートランチのお店を開きました。 店主の人柄と料理の美味しさもあって、地元の人の行きつけです […]

伊根のスポット
蒲入水産漁港めし

丹後最高レベルの海鮮ランチ。水産会社が直営し、地元のおばちゃんが調理する、その質・量はずるい。

サイクリスト向けコース(走行距離50km、獲得標高1150m)

まったくの初心者では厳しいですが、普通の自転車で20kmほど走れる人なら、E-Bikeなら余裕です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

向井酒造

次の記事

カフェ両助