YPJ-XC

YPJ-XCは現在うみほし公園に配置されており、原則うみほし公園でのレンタルになります。

ヤマハ製本格e-MTB(e-マウンテンバイク)。登山用の強力なモーターを搭載し、エクストラパワーモード82km・エコモード145㎞の航続距離。

圧倒的な登坂力で、信じられない斜面も登れます。もちろん平地でも強力にアシストしてくれるので、長距離も走れます。

サスペンションと油圧式ディスクブレーキを装備。

ちなみにYPJ-XCの小売価格は385,000円。

おすすめコース

  • 世屋高原コース
  • うみほし公園内での体験試乗

注意点:適正身長150cm以上。

レンタル価格

1時間1000円(ちょい乗り)、1日3,000円、1泊2日4,000円

貸出場所以外での乗り捨て:+1,000円

YPJ-XC | ヤマハ発動機株式会社

走りのフィールドは、自分で選ぶ。アシスト&ライドを楽しむ電動アシストマウンテンバイク。 E-MTB向けフラッグシップドライブユニット[PW-X]搭載。 ヤマハが培ってきた走りのDNAと、 パワフル&コントローラブルなアシスト性能を楽しむ電動アシストマウンテンバイク。 価格は参考価格です。メーカー希望小売価格は消費税率10%に基づく価格です。 詳しくは販売店にお問い合わせください。 01 E-MTB向けドライブユニット「PW-X」搭載 YPJシリーズ内、最も小型軽量でありながら、パワフルなアシストを生み出すドライブユニット「PW-X」。ハイパワーかつライダーの入力にクイックに応答するエクストラパワーモードを搭載。トレイルから街中までパワフルな走りが楽しめます。6つの走行モード※が選択可能で、市街地から山遊びまでパワフルな走りを楽しめます。 ※アシストオフモード含む パワフル 高トルク&高ケイデンスに対応したパワフルドライブユニット。 小型軽量 フレームデザインにも貢献するコンパクト設計。ISISクランクにも対応。 クイックレスポンス ペダリングパワーを忠実に伝えるエクストラパワーモードを搭載。ハイパワー&クイックレスポンスでライダーの興奮を引き出す。 02 視認性と操作性を両立した液晶ディスプレイを搭載 視認性に優れたコンパクトマルチファンクションメーターを搭載。人間工学に基づいたエルゴノミック形状のスイッチは、グローブをしたまま操作が可能で、マイクロUSBポートを搭載し、スマートフォンへの給電が可能。 1.走行モードランプ ・エクストラパワーモード ・ハイモード・スタンダードモード ・エコモード・プラスエコモード ・アシストオフモード 2.Bluetooth®の表示 3.パワーメーター 4.走行モード表示 5.バッテリー残量メーター 6.スピードメーター 7.機能表示 ●トリップメーター ●平均車速 ●最大車速 ●残りアシスト走行可能距離 ●バッテリー残量 ●ケイデンス ●ペダリングパワーメーター ●消費カロリー ●時計 ●オドメーター ※セレクトボタンの長押しで、ストップウォッチ機能、各種機能設定が実施可能 ※機能表示切替の表示対象項目は、設定により絞り込むことが可能 (オドメーター以外は、項目毎に非表示選択が可能) 8.電源ボタン 9.液晶バックライトボタン 10.USBポート 1.走行モード切替ボタン(アシストアップ) 2.走行モード切替ボタン(アシストダウン) 3.セレクトボタン USBケーブル(別売品)やUSB変換コネクター(別売品)を接続することで、電子機器に電力を供給することができます。 USBコネクタ形状:マイクロBタイプ(USB2.0対応) 最大定格出力:5V,1000mA 03 スタンダードモードなら104km ※2 楽しめる大容量バッテリー搭載 アシストパワーと走行距離を重視した大容量バッテリーを搭載し、1日中走りを楽しめます。 ※1:JIS C 8711による定格容量は13.2Ah ※2:1充電あたりの走行距離は、道路状況、走行モード、走り方、気温、車載重量などによって変わります。 専用充電器につないで家庭用100Vコンセントで充電。車体に装着したままでも充電可能です。 バッテリー重量:約3.0kg 充電時間※:約3.5時間 ※充電時間は、バッテリー残量がほぼ無い状態から満充電までの時間を指します。 ●にカーソルをあわせると詳細へ移動できます。

YPJ-XC”へ1件のコメント

  1. 村上健一 より:

    初めまして村上と申します。12月31日にYPJ-XCを1日レンタルしたいのですが可能ですか?
    また1日レンタルは何時から何時までですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です