YPJ-ER

ヤマハ製本格e-Bike。ハイモード93km・エコモード152㎞の航続距離。実際丹後をハイモードで一周(80㎞)した際は50%ほど消費しました。

乗り比べると、PASシリーズとはパワーも快適さも段違いです。かぶと山や成相山など、普通のサイクリストも困難な坂を鼻歌交じりに登れます。初めての人が一流サイクリスト気分で走れます。長距離・街乗りに優れ、外見もスタイリッシュ。

なおYPJ-EC, TC ,ERはギア比などが少し違うがモーターとバッテリーは共通で、基本的な性能は同じですが、YPJ-ERはフォアグリップと油圧式ディスクブレーキを使用(EC,TCはフラッとハンドル・機械式ディスクブレーキ)し、GD値も高めでより高速・長距離のライドに向いています。特に油圧ブレーキは勾配の多い丹後では、手が疲れず下りで減速できます。

ちなみにYPJ-ERの小売価格は352,000円。

おすすめコース

  • 全コース
  • 特に起伏のあるコースや、20km以上の長距離コース
  • 丹後1周や、天橋立~城崎など100㎞以上の長距離コース

注意点:適正身長155cm以上。

レンタル価格

1日3,000円、1泊2日4,000円

貸出場所以外での乗り捨て:+1,000円

YPJ-ER | ヤマハ発動機株式会社

価格は参考価格です。メーカー希望小売価格は消費税率10%に基づく価格です。 詳しくは販売店にお問い合わせください。 01 「PWseries SE」ドライブユニット搭載 高ケイデンスに対応したアシストセッティングにより欧州で好評を得た「PWseries SE」を搭載し、ロードバイクの魅力と長距離走行に対応するオンロード仕様でスポーツライドが楽しめます。5つの走行モード※が選択でき、道路状況 や好みに応じ最適な電動アシストを実現します。 ※アシストオフモード含む 02 視認性と操作性を両立した液晶ディスプレイを搭載 視認性に優れたコンパクトマルチファンクションメーターを搭載。人間工学に基づいたエルゴノミック形状のスイッチは、グローブをしたまま操作が可能で、マイクロUSBポートを搭載し、スマートフォンへの給電が可能。 また、走行中ハンドルバーを握ったままアシスト切替えやベルの操作ができる安心快適設計です。 1.走行モードランプ ・ハイモード・スタンダードモード ・エコモード・プラスエコモード ・アシストオフモード 2.Bluetooth®の表示 3.パワーメーター 4.走行モード表示 5.バッテリー残量メーター 6.スピードメーター 7.機能表示 8.電源ボタン 9.ライトボタン 10.USBポート 1.走行モード切替ボタン(アシストアップ) 2.走行モード切替ボタン(アシストダウン) 3.セレクトボタン USBケーブル(別売品)やUSB変換コネクター(別売品)を接続することで、電子機器に電力を供給することができます。 USBコネクタ形状:マイクロBタイプ(USB2.0対応) 最大定格出力:5V,1000mA アシストパワーと走行距離を重視した大容量バッテリーを搭載し、1日中走りを楽しめます。 ※1:JIS C 8711による定格容量は13.2Ah ※2:1充電あたりの走行距離は、道路状況、走行モード、走り方、気温、車載重量などによって変わります。 専用充電器につないで家庭用100Vコンセントで充電。車体に装着したままでも充電可能です。 バッテリー重量:約3.0kg 充電時間※:約3.5時間 ※充電時間は、バッテリー残量がほぼ無い状態から満充電までの時間を指します。 ●にカーソルをあわせると詳細へ移動できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

YPJ-EC